安全なセキュリティ

ネットワークセキュリティの価格と種類

現在ネットワークのセキュリティは特に重要となります。昔も環境によって(大規模、中規模のネットワークなど)はネットワークセキュリティが必要とされていましたが、現在は更に保護の固いネットワークセキュリティ対策が必要となります。なぜかというと今のネットワークは複雑化していることが第一の要因だと思います。以前のようにファイアウォールだけでは保護できないアプリの通信やソフトウェアの通信があります。なので現在はutm(unified thret management)統合脅威管理システムが使われることが多いです。ファイアウォールはもちろんその他にはアンチウィルス機能、ポートスキャナ防止、侵入検出システムといった様々な機能がプラスされています。ネットワークセキュリティソフトウェア製品としてはclearos、zentyalなどが挙げられ無料で試すこともできます。有料版はクライアント数が無制限となったり機能が増えたりします。ネットワークセキュリティのハードウェア製品としてはendianやsophosが挙げられます。もちろんお金がかかります。

セキュリティの傾向について

ネットワークセキュリティは強固である必要があります。様々なリスク(ゼロディなどの対策困難なセキュリティ脅威、不正アクセス、ウィルスといったマルウェアの脅威、ワイヤレスネットワークへの侵入、ユーザーの操作によるサーバー、クライアントへの脅威)などがあります。このような脅威は以前のようなファイアウォールを設置するだけでは防ぐことができません。このため一台一台にファイアウォールをインストールしユーザーの操作によるデータ流出を防ぐ必要があります。これだけでは防げないのでutm(unified threat management)が必要となります。ネットワークのセキュリティを確保することができます。金額や価格の傾向はソフトウェア、ハードウェア製品によっても異なりますし、商品によっても保護機能に差があったり、価格も異なりますので慎重にネットワークセキュリティ、セキュリティを構築する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加