スマホのセキュリティ

パソコンだけではなくスマホも守る

時代の変化につれ、ウイルスも多様化しており個人情報保護が叫ばれる現在、ネットワークセキュリティは必須となっている。 ネットワークセキュリティの仕組みを簡単に説明すると、まずファイアウォールという防護壁で外からのウイルスの侵入を防ぎ、ファイアウォールをすり抜けて入ってきたウイルスを駆除ソフトを用いて駆除するということである。 ウイルスにかかったままで放っておくと内部のデータが破壊されるばかりかインターネット回線を通じて様々なデータが流出する可能性もあるので、まだネットワークセキュリティを導入していない人は一刻も早く導入する必要がある。

ライセンス契約から月額課金制へ

先述したとおり、最近はスマートフォンでのネットワークセキュリティソフトの普及が進んでおり、サービスもそれに応じてスマートフォン向けに改良されている。 その一つの例としてライセンス契約でなく月額課金制を導入しているソフトが増えているということがある。パソコンなら仕事で使用するなら別であるが、一日中使うものではないためインターネットに接続しない時間も多くライセンス契約でも問題はないが、スマートフォンはほぼ24時間インターネットに接続されているためライセンス契約の更新を失念したらその好ききウイルスが入り込むことがある。 それを防ぐために更新の必要がない月額課金制で導入できるネットワークセキュリティソフトが今後流行していくだろう。 あと、ネットワークセキュリティは動作を重くするという先入観があるため導入をためらうことがあるが、今後は動作への影響が少ないネットワークセキュリティソフトが開発されていくであろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加