安全な対策措置

ますますセキュリティが重要に

特定の人がパソコンをスタンドアロンで使用している時代は、そのパソコンにウィルスソフトを入れガードすることができました。しかし、社員一人一人がパソコンを使用し社内ネットワークが完備されるようになると、個々のパソコンの他に、ネットワークのセキュリティにも注目しなければならくなりました。 ネットワークに対する脅威は、ウィルスの他に不正アクセスなど、年々深刻になっています。二重三重のネットワークセキュリティを行うことになっており、そのための費用も増している状況です、今後もこの流れは変わらないと考えられています。

ネットワークに対する攻撃も進化しています

ネットワークセキュリティは、一度対策したから安心というわけではありません。ネットワークに対する攻撃は、防御されるようになると、その防御を突破するための新たなウィルスや攻撃システムが構築されるなど、日々進化しているからです。 また、ネットワークを取り巻く技術が進化し、ネットワークの利用が便利になればなるほど、その陰には、新たな脅威が存在することになるからです。 企業内でも、ネットワークに対する意識はもともと低く、ネットワークに異常が起きてしまうと仕事が中断してしまうということもありました。 そういった経験により、近年は、ネットワークセキュリティに関する対策を重視するようになりました。対策費用は毎年十分に確保する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加